読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんどめいどライフ

小さな手づくり(ハンドメイド)でオリジナル・ファン・ライフを創ります☆

【テトテ・ハンドメイド・アワード2015】に応募しました

先日  「ロボットは東大に入れるか」という本を読みました。

ものすごい計算が出来るロボットでも不得意なことがあって

なかなかセンター試験を突破するのは難しいそうです。

印象に残ったのは 英語のリスニングの試験。

英文を聞き取るのは得意でも  イラストを読解して

意味と同じものを選ぶ というのができずに不正解。

イラストというアバウトなものを数値化するのは難しく

そこから意味を汲み取るというのはまだ 出来ないそうです。

 

東大には センター試験後 足きりあるんだっけ。

遠い昔の話。

読んでいて 思い出しました。

 

閑話休題

さて 本題です。

 

先日の 手編みのシルク靴下5を

テトテ・ハンドメイド・アワード2015

に応募してみました。

 

この コンテスト。

応募告知のページに去年 賞をとった作品が

載っているのですが

(お時間のある方はぜひページを見てみてくださいね)

どれもこれも素敵な作品ばかりです。

 

手間と時間をかけて 作られたものばかり。

作った方の心意気が感じられるものも多数。

 

そんなところに どうして こんな素朴すぎる靴下を

応募してしまったかというと

「応募してみたかったから」という

一言に尽きます。

 

 

本当は コンテストのために構想、作品を作りこむことを

したかったけど 時間も余裕もない。(寒いし)

だけど 参加せずに終わらせてしまうのも惜しい。

だったら 作ったもので応募しちゃえー

と勢いで登録してしまったのでした。

 

自分では 五足目にしてかわいい靴下が

編めたと思うし 市販品を使用していて

改良したいなあと思う点を工夫したので

愛着のある作品です。

だけど それが 「コンテストしかも かなり大掛かりの 」という場で

どう評価されるかは・・・ですね(爆)。

 

入選したら 憧れのホビーショーに展示です。

(まあ それはないと思うけど)

そう思うだけで わくわくします^^

 

 

ところで このコンテスト。

一次審査があります。

応募した作品を そのまま一般投票が行われる

最終審査に載せてくれるわけでないんです。

東大入試における「足きり」があるんですね(笑)。

 

 

一次審査に通ったかどうかがわかるのは3月9日。

HPで発表されるそうです。

どうなんでしょう。。。。

どきどきです。

 

 

 

 

 

 

よかったら ぽちぽちっと押してくださいな♪

(喜びます^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

 

 

出品してます。遊びに来てください。


CHIKU-KURO'S GALLERY | ハンドメイド、手作り作品の通販・販売サイト minne(ミンネ